NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2019年 11月 7日
「【ツキノワグマ】秋便り~航と華~」

皆さんこんにちは!
夏から秋にかけての2頭の報告をします。

≪▽最近の2頭≫

気温が下がり始め、プールに入る頻度、回数が減りました。代わりに園路から見て展示場右下にある土場の穴を掘り始めました。秋になりますます摂食行動(食べ物を探す行動)の欲求が増したのだと思います。
9月より交互展示を開始し2か月経ちました。航・華ともに鳴いてお互いを呼ぶ頻度は減りましたがそれぞれの部屋の前をうろうろと気にすることは増えた印象です。

≪大きさ≫
11月に身長を測りました。
航 138センチ(8月から2センチアップ)
華 133センチ(8月から3センチアップ)

≪食べもの≫
夏に比べ食べる量は増え、リンゴやオレンジ、バナナなどの果物やニンジンや小松菜、サツマイモなどの野菜を合わせて航・華ともに3キロ与えています。

≪季節の食べもの≫
季節の食べものとしてどんぐり、クルミ、栗、柿、メロン、キウイなどをいつもの餌にプラスであげました。(多くはあげられないので少しずつ数日に分けて与えています。)
どんぐりやクルミは展示場の土場に撒き探しながら食べてもらっています。

≪イベント≫
磐田市竜洋昆虫自然観察公園、浜名湖体験学習施設ウォット、浜松市動物園の3施設合同のイベント『エサ展 いきものフードフェスティバル』として、ヒグマ、ツキノワグマ、ホッキョクグマの食べ物の比較を掲示しました!

同じクマ科でも食べるものがちがうので見比べてみてください~

      前回のブログ⇒【ツキノワグマ】交互展示の様子


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会