NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2019年 12月 10日
「アラタミライ日記 お外モットと新プロジェクト」

お外の練習を始めてからだいぶ時間が経ち、アラタミライも随分と運動場に慣れてきました。

お外でも二頭で元気に走り回ったり、じゃれあって遊ぶ様子がよく見られるようになってきました。
運動場に出始めた頃はおぼつかない足取りで歩いていたというのに、今や全力ダッシュで駆け回っているのを考えると感慨深いものですね。


今までは万が一に備え、飼育員が見ている間のみお外の練習をしていました。
しかし、これだけ運動場に慣れてきたならば大丈夫だろうということで、これからは飼育員が見ていない時間も運動場に出していきたいと思います!
今後はより一層ご覧いただきやすくなります。

ただ、まだまだ電柵に引っかかったり東屋から落下したりとハラハラする場面が見受けられます。
今後は常時飼育員の目の届くわけではなくなるので、何かありましたらお近くの飼育員までご一報いただければ幸いです。
ご協力よろしくお願いします<(_ _)>




さて、突然ですがこの度新たなプロジェクトが始動することとなりました。




その名も・・・






新未来創造プロジェクトです!!


・・・胡散臭いですね(笑)



タイトルはさて置き、その内容は飼育員によるお手製の運動場改装計画ですね。

エサ台を親子用に広くしたり、活発な双子のための遊び道具を増やしたりする予定です。

なお、本プロジェクトの一部にはサポーター費を使用させていただく予定です。
この場を借りてお礼申し上げます。




早速第一段として運動場に縄ハシゴとトリカルネットハンモックを設置しました。


縄ハシゴ。
足場が不安定で難易度が高いのか、残念ながらまだ誰も登り切っていません。
最初に登れるようになるのは誰でしょうね。

トリカルネットハンモック。
初期案は麻袋ハンモックだったのですが、耐久性通気性等を鑑みて大改案されました。

夏にこの上で寝ればきっと涼しいはず。

直接ハンモックへ上ることもできます。
大きいですし、もはや遊具ですね。
なぜか裏面の方が人気です。

↓これが正しい上り方。

第二弾に向けて寸法を測る飼育員と、訝しげにその様子を見つめるチイタ。
次は何ができるのでしょうか。
お楽しみに♪


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会