NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 5月 19日
「カンガルー日記⑱」

こんにちは!カンガルー担当です。
今回も前回同様、カンガルーの個体紹介です!

はまZOOのカンガルー達の生まれた日は2月~6月に集中しているため
その順番で紹介をしています。

と、いうわけで18頭目のカンガルーはアラシ(♂)です!

アラシは今年の5月18日で9歳になります。

体のサイズは中くらいで、少し細身です。
頬が丸く膨らんでいるのが見分けポイントです。

アラシは人工哺育(飼育員の手で育った)個体なので
飼育員が大好きで、とてもよく馴れています。

飼育員がエサの葉っぱを置くためにパドックに入るときも、
他の個体の様子を見に行くときも、
特に何もないときでも、大体アラシは跳んできます。笑


そしてアラシは寝方が大胆です。
というのも、警戒心がまるでないんです。笑

立ったまま寝たり…。

他の個体のしっぽを枕にしたり、
仰向けで寝たり…!

このように仰向けで寝るのはアラシだけなので
見つけやすいかもしれないですね(^^)


今回の個体紹介はここまでです、また次回もお楽しみに!

なお、当園のクロカンガルーは、母体の育児嚢から初めて顔を出した日を
その個体の生まれた日としています。

また、園内整備に伴い、2019年12月末に、
カンガルーはポニー舎(小型サル舎とミニサファリの間)に移動し展示しております。


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会