NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2020年 5月 21日
「レッサーパンダ&類人猿~カメラ目線が撮れるまで~&お知らせ」

こんにちは!

今日は以前ブログで紹介した動物ロスの方へ向けた記事と、レッサーパンダファミリー体重測定時の記事、二種類の記事を作成した際の裏話をお話ししちゃいます!

さて、動物ロスになっている方へ向けたマニアック写真は皆さん覚えていらっしゃいますか?
類人猿とレッサーパンダを取り上げてご紹介致しましたね。
それぞれの個体を撮影する際に、「どうせならいいお顔をした写真も撮影しておきたい」と思い立った飼育員は、何とか笑顔の写真を撮ろうと奮闘しました。
その結果がこちらの写真たちです。

いかがでしょう?
みんないい笑顔だと感じてもらえていたら嬉しいのですが・・・|・ω・)

類人猿たちは比較的写真が撮りやすく、しっかりこちらを見てくれます。
中でもひときわ協力的だったのがこちら

オランウータンのムカです。
円卓の上で食事をしていたところを撮影していたのですが、カメラを見つけるとわざわざ目の前まで来て、しっかりカメラ目線を送ってくれました(´▽`*)
なんて素敵な!おかげでムカの写真はどれにしようか迷うほどたくさん撮影できました!


打って変わってレッサーパンダ達はと言うと・・・

カメラににじり寄るチイタとキララ。
似たもの夫婦ったら(*´ω`*)
カメラ目線を狙うためにリンゴで視線誘導をするのですが、誘導されすぎてカメラマンがリンゴを持っていないにも関わらずにじり寄ってきます。
その場でじっとしててー!とカメラマンの叫び声が上がります。

子どもたちはと言うと、こんな感じ。

左がアラタで右がミライです。
アラタはその場で大人しくリンゴを食べていてくれます。
更にアラタは感情が顔に出やすいタイプなのか、リンゴを食べるとすぐ笑顔になってくれるので、撮影が非常にスムーズに進みます。
対して、どうしてもギョロ目になっちゃうミライ。
何度挑戦してもずっとこのお顔(;´・ω・)
美味しいと変顔をしてしまうタイプの子なのでしょうか・・・。
測定中もずっとそわそわ落ち着かずに動き回ってしまうのもミライです。
一番てこずります(;´∀`)
でもこれもミライのご愛敬。
変顔もある種ミライのいいお顔なのかもしれませんね。




そして最後にお知らせです!
明日16時45分から、テレビ静岡「ただいま!テレビ」さんの番組内にて当園のレッサーパンダとフラミンゴについてのクイズが出題されます!
もしかしたら、前回の記事の中にヒントが隠されているかもしれませんよ( *´艸`)
是非みなさんのテレビの前でクイズに挑戦してみてくださいね!


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会