NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2021年 4月 9日
「【ホッキョクグマ】バフィンとモモ♪&歯の使い方」

皆さんこんにちは!

今週も春の陽気が続き、動物園日和でしたね♪

はじめに
モモの様子から

15日に捻挫&突き指したモモですが、ほぼ完治しています!

少しずつおもちゃを再開しますが、まずはあまり投げて飛び込まない系のおもちゃから始めます。(ガス管など)



・バフィン
換毛によりボサボサ具合がかわいいバフィンですが、今週に入り血涙が続いています。
そのため、目の洗浄(洗浄液)から薬用の目薬に変えました。去年の今頃も目の状態が悪化し始めたので、季節的な要因があるのかもしれません。


去年のブログから▽

      【ホッキョクグマ】バフィンとモモ♬





【歯の使いかた】
浜松は温かい日が続いているため、今週モモのおやつに馬肉氷や差し入れで頂いたスイカ(凍)をあげました。

モモが固い氷をガリガリと食べる姿はとても迫力がありますよね♪

今回はさらに深く見ていきしょう!
注目ポイントは『口の中の歯』です。


実はこの『歯』、様々な場面で使います。

氷をガリガリするとき、魚をくわえるとき、実はそれぞれ別々の歯を使っています。

写真(上)は奥歯を使いかじっています。固いものを砕くとき、細かくするときなどは奥歯を使います。(私たちも固い食べ物を食べるときに奥歯を使うのでモモと一緒ですね♪)

写真(下)の魚をくわえるときは歯と歯の間の隙間を利用します。ここには歯がなくこの隙間でがっちり挟んで離しません。


他にも「相手を威嚇するとき」「獲物を捕まえ押さえつけるとき」に犬歯を使ったりと色んな場面で使います!



☆では最後に問題!☆
ホッキョクグマの“前歯”はどの場面で使うでしょう~
モモとバフィンも実際に使っていますよ~🐻


▽ホッキョクグマの骨格


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会