NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

お知らせ

訃報 オオハクチョウ(♀)


6月26日にオオハクチョウ(♀)18歳が死亡しました。
死因は敗血症でした。


担当より
オオハクチョウ(♀)は18歳と高齢にもかかわらず今年の4月には卵を4つ産み、私が掃除や餌の入れ換えで入ると、遠くからでも『クァクァ』と威嚇し追い払われました。また餌を食べてる隙に卵数の確認をしている時もオスと一緒に羽を大きく広げてバサバサと羽ばたかせながら走ってきて、またも追い払われました。(解剖結果で肝臓や腎臓も変色していたことから、おそらくこの時も体調は万全とはいえなかったと思います。)結果は無精卵でしたが、そんな状態で最後までしっかり抱卵をしていました。

思い返すと威嚇されてばかりの日々でしたが、池で水浴びをする様子やガツガツと餌を食べる姿、一生懸命に巣材を運び巣を作っている姿はどれも印象的で忘れません。



26日の朝、掃除に入るといつも座っている場所でこちらを見てきました。餌も食べ普段と変わらない様子でしたが、その日の昼食前に観察しようと見るとその場所で横たわっている姿を発見し死亡を確認しました。
野生動物は弱っている姿を見せないといいますが、オオハクチョウも本当に普段と変わらない様子で、その生命力の強さにただ敬意を表します。

今までありがとうございました。


(投稿:2020年06月29日)


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会