NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2018年 11月 9日
「中獣舎のエンリッチメント」

動物園の動物が心身ともに健康で快適に暮らせるように、飼育環境を改善・充実させることを環境エンリッチメントといいます。

中獣舎(ヨーロッパオオカミ・クロヒョウ・ユキヒョウ)の運動場を日々飼育員の手で整備していますので、少しだけご紹介♪


【お手製遊具による運動場の三次元的な利用(クロヒョウ・ユキヒョウ)】

●高台の設置(ユキヒョウ)

2頭ともお気に入りスポットになったようで、よく登っています。



●木製の台、橋の設置(クロヒョウ)

橋は今後も拡張予定です(ー_ー)!!



【穴掘り用の土山づくり(オオカミ)】

まだ見慣れない土にビビっていてあまり近づいていませんが、そのうち遊んでくれるかな?と期待しています。



【運動場の緑化(クロヒョウ・ユキヒョウ)】

●植樹(クロヒョウ)

オオカミの運動場に自生してきた木を移植しました。
クロヒョウの(特に仔の)猛攻に耐えて根付いてくれることを祈っていますが、はてさて・・・。

ちなみに、被害が木に集中しないように周りにデコイ(囮)の木の枝etcを大量に入れてあったりします。



●芝生の種まき(クロヒョウ・ユキヒョウ)

※画像なし

芝生の絨毯を夢見て、何度目かの再挑戦・・・。



少しだけですが、最近の飼育員による中獣舎の環境改善の紹介でした。
これからもどんどんグレードアップしていこうと考えていますので、ご来園の際はぜひ中獣舎に足を運んでみてくださいね♪


なお、これらの材料費の一部やタネ代などは、動物園のサポーター費用を活用させていただいています。
サポーター会員の皆様、浜松市動物園へのご支援ありがとうございます。


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会