NPO法人 浜松市動物園協会 NPO法人 浜松市動物園協会
NPO法人 浜松市動物園協会
  • English
  • Português
  • 简体中文
  • 繁体中文

スタッフ日記

2019年 5月 11日
「【ホッキョクグマ】バフィンとモモ♫」

~ 最近の2頭 ~

みなさん、こんにちは(^^)
現在、午前はモモを、午後はバフィンを展示しています。
最近のバフィンとモモについて書きますね!


まず、バフィンです。

バフィンは運動場に出すとすぐに、プールに入ることが多いです。
プールをひと泳ぎして陸に上がります。
その後、体を壁や床に擦りつけながら、上段に上がっていきます。

体を擦りつける行動は3月にも見られましたが、現在は以前より長く、回数も多く擦りつけています。
3月とは違う理由で体を擦りつけているのが見受けられます。
実は、今の時期は換毛(毛が生え変わること)の季節なので、体がかゆいのだろうと考えています。
展示場を掃除していると毛がたくさん落ちています。
「毛」と言えば! ホッキョクグマの毛は中が空洞に・・・。
毛の話は長くなるので、今日は話すのをやめます(笑)

上段に上った後は、歩いていることが多いです。
なるべく歩くだけの時間を減らすために、おもちゃや氷などを追加で入れることを試しました。
追加で入れた直後は効果があって遊んでいましたが、それも長続きはしません。
もう少し様子を見ながら良い方法を考えます。

寝室内では、モモが寝室の扉に近づいていない限り、寝転がっています。



続いて、モモ。

モモは、朝、展示場に出ると、今までと変わらずバフィンの扉の前に行き、吠えられています。
ただ、バフィンを気にする時間が4月に比べて短くなっています。
日中はプールに入ることもありますが、歩いていることが多かったです。

バフィンと同様に、おもちゃや氷などを与えて、歩くだけの時間を減らすように試みました。
しかし、モモについても長続きはしません。
バフィンと生活していた頃は、追加のおもちゃを入れなくても遊んでいたので、追加で入れることはあまりしてきませんでした。

しばらく続けていましたが、
ゴールデンウィークから、飼育員が展示場に出るための扉を叩くようになってしまいました。
追加していなかった頃は、この扉を叩くことはありませんでした。
最近はほぼ毎日のように追加で入れていたので、それが原因かもしれません。

また、扉を叩いているところに、おもちゃ等モモの喜ぶ物を追加すると、
「扉を叩くことで、おもちゃをもらえた」とモモが理解してしまう可能性があるので、追加するのはしばらく止めてみようと思います。

バフィンについても、モモについても、まだまだ検討事項が多いです…
試行錯誤しながら飼育していますので、温かく見守っていただけると嬉しいです(^^)

また進展等がありましたら、公式ホームページにてお知らせします。


浜松市動物園サポーター募集
NPO法人 浜松市動物園協会